読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のおつまみ

夜な夜な酒のつまみになる何かを探してさまよった記録です。

カジノを作るのに、ギャンブル依存症対策はいらない

カジノを作りたい論理 - 夜のおつまみという記事を以前に書いて、そこでも書いたのですが、なんだか、カジノを作るのならその前にギャンブル依存症対策が必要と主張する人たちがいるようなので、もう一度書いてみます。

たとえばこんな記事ですね。

www.yutorism.jp

 

いや、カジノを作るのと、ギャンブル依存症対策は別物なんだと思います。

 

 

カジノを含む統合型リゾートって、行ったことありますか? ラスベガスやマカオやシンガポールや、にあるああいうやつです。よく、カジノ反対派の人が勘違いしているのですが、統合型リゾートの経済効果は、基本的に、バクチで負けた人の負け分から発生するわけではなく、バクチをしたい人が、併設の素敵なホテルに泊まったりおいしい料理を食べたり割高なお酒を飲んだりするところから発生するのです。

 

 

で、そういうカジノ型リゾートが想定しているお客は、日本国内の富裕層、例えば元大王製紙の創業家の若社長だとか、バクチ大好きな中国人の金持ちとか、そういう人たちなわけです。日本国内でパチンコやパチスロで遊んでいる人は、もともとターゲットではありません。パチンコにはまっている人たちは、賭ける金も小さいし、食い物もパチンコ屋の隣の牛丼屋で十分な人たちだし、要は、カジノ型リゾートにおカネを落とす人たちではないからです。

 

 

で、大王製紙の創業家の若社長は大負けして会社のお金に手を付けて逮捕されたわけですが、そういう金持ちに、公費を使ってギャンブル依存症対策をとるべきだと思いますか?私はとるべきではないと思うのです。金持ちが、自分の愚かさのゆえに自分のお金をすって没落する。まさに自己責任ではないですか。まして、中国や外国の金持ちがカジノでお金を散在するのを、なぜ対策しなければならないのですか。全く意味不明です。

 

 

カジノがあろうがなかろうが、パチンコで中毒になる人は存在します。その人たちを救うかどうかは、カジノにかかわらず検討されるべきで、カジノ法案がたまたま俎上に上っているそのタイミングで、全く関係ないギャンブル依存症といった議題を提示し、そしてギャンブル依存症問題が解決されないとカジノはダメとかという某野党の議論は、はなはだ牽強付会なように思います。

 

 

なお私は、パチンコで賭博中毒になる人についても、馬鹿を税金使って救うのには反対です。だいたい、政府は、宝くじというバクチを大々的に提供し、あるいは競馬や競輪を提供しながら、パチンコを規制しようというのは、単なるダブルスタンダードです。

 

 

 (参考図書

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

 

 

 

ギャンブル依存国家・日本 パチンコからはじまる精神疾患 (光文社新書)

ギャンブル依存国家・日本 パチンコからはじまる精神疾患 (光文社新書)