読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のおつまみ

夜な夜な酒のつまみになる何かを探してさまよった記録です。

ピェンローも旨いが、私は豚の肉団子を愛する

酒恋しいレシピ

日に日に寒さが増し、秋も深まる気配、こんな折は、鍋恋しくなる季節です。

 

そしてネット界隈では、この季節になると、ピェンロー作ったレポートが出回るわけです。

potatostudio.hatenablog.com

人類の英知って言うほどなんか知恵が入っているわけではないけれど、私もピェンロー、7~8年ほど前は良く作りました。簡単で良いんだよねー。鍋に材料をざっくり切って放り込めば出来ちゃって、工夫とか特にいらずそこそこ旨くできるんですよね。豚肉と白菜は、中華4000年の歴史がはぐくんだベストマッチの一つだと思います。ん、やっぱり人類の英知なのか…?

 

でも、同じ白菜と豚肉のマッチングの妙なら、私はこっちの料理が好きなんです。

www.kyounoryouri.jp

 

冬になると、月に2回は作る好物の料理です。これ作り始めてから、ピェンローは作らなくなっちゃいました。味が素朴すぎるんでね。味の深さはこちらの方がかなり上だと思います。

 

きょうの料理のサイトにはっきり書いてないですが、美味しく作るコツをいくつか書くと…

  1. ひき肉を叩くときはしっかり叩けば叩くほど美味しいです。
  2. ひき肉に混ぜるのは、水ではなくチキンスープにした方が絶対に美味しいです。
  3. 肉団子に混ぜる酒は、ぜったい中国酒! 安い紹興酒で良いです。日本酒とはコクが違います。
  4. 混ぜるチキンスープは少し温かめだと、ひき肉と混ぜたときに、ひき肉が練り物っぽい感じになって、肉団子が本当に柔らかくなります。練り物っぽい感じが出るまで練り練りするのが最大のポイントです。

チキンスープは、知らないとめんどくさそうに思うのですが、中華のコンソメみたいなもので、顆粒のものが売ってます。うちで使っているのはこちら、1カップに小さじ一杯くらい入れれば優しい良い味が出ます。

 

サアキ 鶏(チキンコンソメ) 顆粒 175g

サアキ 鶏(チキンコンソメ) 顆粒 175g

 

 

今晩も作ってみました。

 

一口スープをすする…

 

うまぁぁぁぁぁぁい。

 

ベースのチキンスープの淡い味に、豚肉と白菜の強力タッグのエキスが溶け込んで至福の味です。ごはんを投入して鶏飯っぽくしても良いし、うどんでも春雨でも、何でも美味しいです。とにかくスープがすごいんです。白菜の甘味にごま油と紹興酒がほんのり香り、素晴らしい味です。何度食べても飽きない。

 

あー美味かった。

 

なお、作り方は、上記のサイトを見ても良いですし、以下の雑誌にも書いてます。こちらの2010年11月号は、他の掲載料理も大変良質で、超お勧めですが、もう中古しか流通してないのね…

 

 

NHK きょうの料理 2010年 11月号 [雑誌]

NHK きょうの料理 2010年 11月号 [雑誌]